月別アーカイブ: 2010年2月

記事の閲覧方法について:
会員の方はログイン後に下記の記事へのリンクが有効になります。
水ビジネス・ジャーナルについて、「サービス案内・ご購読」はこちらです。
是非とも採用をご検討ください。


  • フィリピン環境天然資源省、マニラ首都圏の水不足対策を策定

  • 韓国環境部、2012年から放流水の水質基準を大幅強化へ
  • ,
    米環境保護庁、五大湖を復旧し、保護し、汚染に対処するための行動計画を発表
  • ,
    米環境保護庁、がんリスクを大幅に高めた無機ヒ素のアセスメント案を発表

  • Suez Environment社、2009年度決算は堅調で株価も上昇へ、2010年は高成長を明言――最低成長率5%を掲げる

  • Befesaの2009年決算における税引後利益、4090万ユーロ――飛躍する水部門の総売上高は、前年比29%増

  • Veolia Water UK、水道料金を改定

  • カタールのSterling Water社とNew Mexico州立大学が省エネ淡水化技術のライセンス契約を締結

  • Veoliaが中心のコンソーシアムAquiris、ブリュッセルで大トラブル

  • 教授や専門家、ペットボトル入り飲料水産業について議論

  • 水危機に対する備えとそれに関する情報の開示を求められる企業――米セリーズ報告書-10
  • ,
    ブルガリア政府、上下水道のコンセッション契約を推進へ
  • ,
    汚泥の重金属規制の強化に反対、EU下水汚泥指令改正案に関する意見公募で

  • 中国環境保護部、「2010年重点流域水環境質状況と2010年環境保全重点都市環境大気質状況に関する公告」を公布

  • Calgon Carbonが三菱化学との合弁企業を完全子会社化

  • VWS Envig、既存の海水淡水化施設の南アフリカ最大の施設への改造契約を受注

  • バルト海周辺諸国、汚染削減のためサミットの開催へ

  • UAE、水資源の保全および灌漑について検討する常設委員会を創設

  • シドニーの大型淡水化プラントが稼動開始――その他の都市でも大型案件が進行中

  • ドンナイ省当局、ドンナイ川流域の環境汚染対策の必要性を認識しつつも、具体的な対策や投資は見られず

  • Calgon Carbon社、バラスト水処理技術を新たに事業ラインナップに追加

  • GE、世界に3箇所の分析センター設置――顧客への綿密なサービス強化してグローバル展開を後押し

  • GEが示すインドでの戦略――Aquatech India 2010にて

本ページは、国内唯一の水ビジネス情報専門サービス「水ビジネス・ジャーナル」で配信中の記事の一覧です。
本WEBサイトでは、国・地域別企業別記事テーマ等の充実した分類から、水ビジネス情報をお探しいただけます(一部のサンプル記事を除き、記事閲覧は要契約・有料です)。是非とも採用をご検討ください。

» サンプル記事一覧
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» 個別委託調査